顧問契約

顧問税理士とは

「税理士」と言えば、一番先に思い浮かぶのが「税」に関する専門家であるという方が多いのではないでしょうか。あるいは確定申告などの際に申告書の作成をしてくれる人というイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。確かに税理士は「税の専門家」でもありますし、「申告書の作成」も仕事の一つではあると思います。但し、「顧問税理士」となると少し意味合いが違ってきます。「顧問税理士」とは、あくまでも「顧問契約」をした「税理士」という意味であり、一般的な意味での「税理士」とは一線を画すものです。

Placeholder image

当事務所のサービス内容

顧問契約を交わした税理士はその契約内容に応じ、顧客とのコミュニケーションを取ることになります。顧問となった税理士は、各顧客ごとにその実情に応じた税務に関する適切なアドバイスを行うとともに、企業(個人事業者)が自社の経営を行う上で都度生じた税務に関する相談に応じることになります。ここで「顧問契約」のある税理士は顧客との日常のコミュニケーションを通じ、その顧客企業が抱えているその企業特有の特徴や問題点を把握している為、より適切なアドバイスをすることが可能となります。

顧問となった税理士は顧客企業の経営の実情にも精通することになります。年度決算だけでなく、期中においても財務に関する数値を把握することが可能である為、税務の面だけでなく、経営分析や財務分析を行うことでより適切な経営に関するアドバイスを行うことが出来ます。また、会社の実情に精通している為、法的な問題や資金調達の面でも一番に相談できる相手であることは間違いありません。

会社を経営し、税務申告を行っている以上「税務調査」を受ける可能性は排除することはできません。そんな時、頼りになるのが「顧問税理士」なのではないでしょうか。誰でも「税務署」から電話があっただけで少なからず不安な気持ちになりがちです。もし、あなたの会社に「顧問税理士」がいたならば、会社の実情と税法に精通した税理士に任せておけば安心です。顧問税理士が常日頃から会社の経理業務のチェックを行っていれば税務調査の際に指摘される事項も少なくて済み、税金を追徴されるリスクも低減することが可能です。

税務顧問契約 法人 月額報酬 税務顧問報酬 30,000円~
個人 月額報酬 税務顧問報酬 20,000円~
  • 税務顧問とは、委託に係る税目の納税申告又は課税標準申告に関し税務代理及び税務相談の事務を包括的かつ継続的に行うこと
  • 記帳代行料は別途相談
  • 支店などの部門がある場合には、1部門8,000円(税別)追加となります
  • 事業規模・契約内容・その他により税務顧問報酬額は変わってきます。
確定決算報酬 月次業務報酬 × 3~5ヶ月 ※決算の処理量により変動します
消費税の確定申告業務 本則課税 50,000円 / 簡易課税 30,000円
中間決算報酬 (消費税の申告業務を含む)
  1. 予定納税 2,000円仮決算
  2. 月次業務報酬 × 2ヶ月
修正申告報酬・更生の請求報酬(消費税の申告業務を含む) 業務内容により月次業務報酬 × 1~3ヶ月
初期指導料(事業指導を含む) 月次業務報酬 × 1~3ヶ月
新規契約の追いつき処理 月次業務報酬 × 50%
源泉税の納付書作成報酬 1件につき2,000円

その他の業務の報酬等、詳しくは弊所までお問い合わせください。※料金は全て税別です。